株式会社マイインポータント

COLUMNコラム

コラム

ミスを隠す部下、あなたはどう対応する?

先日、関わっている企業より、失敗を隠す部下について相談されました。
お客様とのやり取りが上手くいかず、相手を怒らしてしまった。

しかし、上司にはそのことは言わず、順調だと報告をし、 結果、自分で自分の首を絞めてしまう。最後には、大きな問題になってしまった。
そんなことがあったそうです。

あなたの部下や周囲にもそんな方いますか?

新入社員研修では、
「失敗こそすぐに報告すること」
などと教わっているはずですが、
なかなか言わない部下の話は、よく聞きます。

「あれだけ報告しろ、注意しろ、〇〇はやってはいけない」
と教育しているのになぜ、報告しないのか?
ダメだということをなぜやるのか?

上司は、部下の気持ちがわからないと首をかしげます。

失敗を隠す「部下サイドの事情」とは?

いろいろ話を聞いていくと
この上司は、部下に厳しく接してきたようです。
もちろん、部下のことを思っての行動です。

失敗に対して時には、声を荒げるような言い方を
してきたこともあるようです。

「でも…」
「それは…」
「実は…」
など言い訳ばかりの部下。
しっかり話を最後まで聞いてこなかったかようです。

こんな状況で部下は、怒られるのがイヤで、ついウソをついた。
自分の失敗を隠すようなことをしたと言っているようです。

こんなことを言われたら上司は、凹みますよね。
もちろん上司にも反省すべき点は沢山あると思います。

・叱り方を変える
・部下の話を最後まで聞く
・部下を信頼する
など、関係性を再構築する必要があります。

上司は、まずは、関わり方を変えていく努力をして欲しいです。

あと、もうひとつは、ミスを隠さない環境をつくることも大切です。
例えば、上司であるあなた自身がミスをしたら、 部下の前で、潔く「私の判断ミスだった」と言えますか?

上司のオープンな態度によって、
「人間だれでもミスをするものだ」という
共通の認識を組織全体で持つことができ、 部下もミスを報告しやすい環境ができるのです。

一人ひとり違う背景を背負っている!?

そして、最後にもう一つ、部下の問題も意識しておく必要があります。

それは、
「正直に言うこと」「失敗を報告すること」
の背景が一人ひとり違うことです。

例えば、子どもの頃、失敗すると
「ひどく怒られた」
「叩かれた」(体罰禁止です)
「挽回不能」
などのことがあると、その人の価値観が
「失敗は、言わない方がいい」「正直は、損」
となってしまうかもしれません。

だから、
報告しなければいけないことも
ウソをついてはいけないことも
わかってはいるけど出来ない…。
簡単にできない人もいるのだと知っておくことです。

報告しない、ウソをつく。
決して今の上司との関りだけの問題ではないと思います。

いろいろな背景を持つ部下たちがいることを認識しましょう。

その上で、報告させるようにする為には、失敗が許せる場であると細胞レベルまで 浸透させることが大事だと思います。

だからこそ、日頃の関わり方が大事になってくるのです。
報告できる環境をつくり、報告する勇気を持たせることが上司の役割です。
1on1も報告の場として活用していきたいですね。

まずは、「報告してくれてありがとう」
そんな一言から伝えたいですね。

部下との関わりでお悩みのときは、マイインポータントへどうぞ、ご相談ください。