株式会社マイインポータント

COLUMNコラム

コラム

定期的な1on1は、不要にしたい!

最近、Webなどで
「1on1は効果がない」
「1on1を導入してもしょうがない」
など1on1に対して否定的な言葉を
目にする機会が増えました。

私が専門家だから 目につくのかもしれませんが。
すっごく寂しい気持ちになります。

私の目指すところは、 職場から定期的な1on1がなくなること。
何でもいつでも言える関係だったら
「ちょっといいですか?」
っていつでもどこでも1on1が始められます。

1on1をすることが目的ではなく
関係を築くこと、部下を成長させることが大切です。

私は、1on1は特別なものではなく
誰でも出来るようになるスキルだと考えます。

但し、 しっかりと学び実践することが大事です。

身近なところでは、 本を読んでやり方を真似てみるところから
始めるのもいいと思います。

「どうしたらもっと部下が成長するだろう」
などの疑問を持つことで自分のやり方を ブラッシュアップできます。

さらに1on1とは、1対1で向き合うことです。
部下が上司をどう思っているかも 1on1の場ではとても大事です。

ある部下は、
「〇〇さんとはやってもいいけど
 △△さんとは、やりたくない」
と言っていました。

1on1の仕組みの問題ではなく、 上司の人間力や人柄が問われます。

1対1で向き合うとお互い逃げられません。
もし、部下が自分のことを 快く思っていないとすると
その場は、マイナスから入るかもしれません。

すると「この人に話してもいい」と 思ってもらうまでに時間がかかります。

実際、
「本音は話したくない」
「当たり障りない話をしようと思った」
などの部下の声も聞かれました。

1on1は、 「スキル+上司のあり方」 が問われてくるのです。

そこをしっかりと理解し、 実践していくことで
効果のある1on1が実施できます。

「1on1が効果がない」という方は、
まだまだ出来る工夫があるはずです。

私は、1on1はとても効果があると思います。

なぜなら、
私自身が沢山の社員と1on1をする中で
社員が上司も認める成長を遂げていっているからです。

1on1がビジネスの世界で 「使えない」と烙印を押される前に
効果の出る1on1を一人でも多くの方に 実施して欲しいと願っています。