株式会社マイインポータント

COLUMNコラム

コラム

向上心のない部下、どうしたら…?

最近、40~50代の女性社員についてご相談をいくつかいただきました。
共通していた悩みは、女性社員に「向上心がない」というものでした。

仕事は、勤続年数も長くソツなくこなします。
もちろん、決められたことや指示されたことはしっかり出来ます。

しかし、「それ以上がない」というのです。

ある企業では、30代の後輩たちの方が意欲も高く
優秀な人材が揃っているそうです。

その中でどのように40~50代の女性を活かしていくかを
悩まれていました。

これは、女性に限らずですが
「どんな風に働いていけたらいい?」と聞くと
「このままでいい」とか
「給料がもらえてそこそこ休めればいいい」
という社員は、一定数います。

しかし、よく話を聞いて
「もっと楽しく、充実して働けたらいいと思わない?」
と問いかけると100%(私調べ)
「そりゃそうだけど…」
「そうなればいいけど…」
などと答えます。

皆、心の奥底にはそんな気持ちがあるのに
失敗の繰り返しや、上司に理解されないことなどで
アドラー心理学でいうところの
「勇気がくじかれた」状態になってしまい
「諦め」の気持ちとなり「このままでいい」と
何も求めなくなっていってしまうようです。

先日紹介された30代後半のAさんもそんな一人でした。

そのAさんが少し前向きになってくれたのは
「どのようにしたらいいか」
の具体的な行動が見えてきたことが要因でした。

Aさん、社会人生活は20年弱なのですが、
責任感やプロ意識の表し方が課題のようでした。

私は、
「目の前の仕事を突き詰める」
「プラスアルファを考える、知識を入れる」と
いうようなことを伝えるとすごく納得していました。

そして、「あなたなら出来る」の信頼と
本当にあなたの人生、
このままの働き方でいいのかを問いました。

どんな状態でも「あなたなら出来る」の気持ちを先に、
信頼して関わらないと変化は起こりません。

部下のやる気を高めるカギは「承認」。

つまり、上司としてしなければならないことは、
まず、彼女の今までの会社への 貢献の部分に目を向け、「承認する」ことです。

「勤続年数が長いだけで会社に貢献なんて…」と思ったあなた、
新人を指導してくれる、掃除を一生懸命やっている、クライアントへの対応が丁寧…
などなど、勤続年数が長いからこそ、もしかすると「当たり前」に
なってしまっていたこと、思い当たりませんか。 それらの彼女の功績にしっかり目を向け、言葉にすることです。

「承認」の語源は「そこにいることに気づく」という意味。 つまり、その人に光を当てることだといえるでしょう。

「承認」することで、やる気や自発性を促すことができ、 部下のさらなる成長につながる力となるのです。

もちろん、「承認」に年齢は関係ありませんが
40~50代だから、もう何を言ってもダメなのではないか、と、 部下の成長を諦めるのはまだ早いと私は思います。

「いつも、とても助かっている。」その上で、 「もう一歩、ここに期待している」、「あなたなら、出来る」と、
期待や貢献してもらいたいことを伝えることで、
きっと女性たちも期待通りの活躍を
してくれるようになると、私は信じています。

「向上心がない」のではなく、
「勇気がくじかれている」だけですから
ますは、勇気を取り戻す関りを、上司からしていきましょう。

部下育成やその他のお悩みなら、マイインポータントへ