株式会社マイインポータント

COLUMNコラム

コラム

あなたの部下は、 ギグワーカーに脅威を感じているか。

最近、ネットやニュースなどで「ギグワーカー」という言葉を耳にします。

ざっくりと、インターネットを介して単発、短時間の仕事を
請け負う人のこと。

もともとギグは音楽用語で、ライブハウスなどに居合わせた
演奏家らのセッションのことで、そこから転じて 単発で短期の仕事に従事する人を「ギグワーカー」と呼ぶようになったとか。

もともとこういった単発の仕事はありましたが、
ネットで人と仕事を手軽に結びつけられるようになったことから、 より注目されているようです。

自分のスキルを提示し、求める企業や個人と
仕事がマッチングされるのですが、
例えばスキルは、簿記2級などの資格だけではなく
〇〇が出来る、〇〇の経験がある。
といったことが提示できるそうです。

労働政策研究・研修機構によると、
「ギグワーカー」を含むフリーランスの労働者は、
全国でおよそ170万人いて、このうち本業として働いている人は130万人、 副業としている人は40万人ほどと推計されているそうです。

「ギグワーカー」は、自分の裁量で仕事の量を調整することができるほか、
アプリなどを通じて、気軽に始めることができることから 若い世代を中心に広がりをみせています。

コロナ禍で打撃を受けたギグワーカーもいますが、
一方でオンライン化やリモート化の進展で
働き方の柔軟性が高まっている状況下においては
働く場所や環境などにとらわれず、
自分の強みを磨いてアピールし、その価値を評価してくれる
組織や企業に対して貢献しようというギグワーカーが
さらに増えてくることが予想されます。

この流れでは、企業はこれから
「必要な時に必要なスキルを持った人」
に仕事を依頼するようになるでしょう。

お金をかけて人を雇い「教育する」することが
不要になる時代もくるかもしれません。

「社員」であることの価値とは…?

働き方がますます多様になり、
企業も人の雇い方が変わってきます。

先日、関わっている企業の社員と話している中で、
「自分は与えられた仕事を誰よりも正確にやっているが、
それ以外のことはやりたくない」。
言っていた人がいました。

働き方や意識は、人それぞれ。
その考えにNGを出すことはありません。

が…
正社員として働くにはどうでしょうか?
会社からしてみると、決められたことだけをやってもらうなら
正社員でなくてもいいわけです。

スキルの高いギグワーカーにお願いした方が
仕事のクオリティも担保でき、
かつ人件費を抑えられるメリットもあります。

またマンネリだった企画に新たな視点を入れることで、
新たな価値が生み出されることもあるかもしれません。

正社員として働く人が不要になるとは
私は思っていませんが、これからは
より高い意識の人が求められると思います。

決められたことをミスなくやるだけでは
十分ではないのです。

危機感を持たせることがときに必要な理由

部下たちの中には、社員として入社したのだから、
「ずっと変わらずに働き続けられるだろう」
と思っている人たちも多くいるように感じます。

現に中小企業の従業員への給与の支払いが
「変わらない(全額支給)73.4%」(5月29日~6月2日DIME調べ)
との調査結果もありました。

だからこそ、コロナ禍の中、安泰ではないと心のどこかで思っていても そんな不安は打ち消して、「うちの会社は大丈夫だろう」「ワタシに限って…」
などと思ってしまうのかもしれません。

しかし、企業をとりまく環境、人を雇う状況は、
どんどん変化しているのです。

本来、社員自身がそのことに気がついて、 働く自分自身の価値を上げることが必要です。

会社や上司としては、そこに気づかない部下にたちに対して
もっと世の中の変化、自社の変化を伝えていくことが必要だと思います。

今、会社がどんな状況なのか、何を目指していて、どう進むのか。

もちろん、いたずらに危機感をあおるわけはありません。
部下に対して、
「会社がこのまま順調に存続しない可能性だってありうる」、
「今の自分の立場を奪われることがあるかもしれない」などの
緊張感を与え、ちょっと立ち止まらせることで、
「会社のために自分が今、できることって何だろう」
「自分の価値や自分の仕事の価値を高めるにはどうしたらいいのかな」など、 考える機会を与えるきっかけになると思うのです。

その上で、部下たちと一緒に
会社の未来を語っていくことが大事だと考えます。

それが部下たちの働く意欲喚起に
なっていくのではないでしょうか。

年齢や価値観、言葉すら違うかもしれない部下でも、
withコロナという稀有な状況を共有している同士、 そして同じ組織に属している仲間です。

「今」だからこそ、部下たちとたくさん対話してください。

いち早く情報をお届けする
メルマガのご登録はこちら