株式会社マイインポータント

COLUMNコラム

コラム

終わったとたん否定する。 1on1あるあるにご用心。

1on1面談を始めると最初は、
上司の雰囲気が「普段と違う」と部下に言われることがあります。

 

傾聴のスキルをフル活用して部下の話を聴く上司の姿は、
日頃、そっけない態度をとられている部下からすると
違和感があるようです。

 

「1on1だから聴いてくれる」そんな風に部下に思われるのは、NGです。

 

 

私がいつも言うのは、
「1on1の時の状態を日頃からつくること」です。

 

1on1の時間と普段とで、部下への関わり方が変わるのは、おかしなことです。

 

1on1で部下に関わるためには、傾聴や質問といったスキルが必要です。

 

 

ある企業では、1on1の時間が始まると上司は一生懸命傾聴する。

「それは違うぞ!」
っと思うことがあっても否定せずにうなずき、聴き続ける。

 

そして、

1on1の時間が終了すると同時に
「さっきのあれだけどさ、ちょっと違くはないか?!」
と部下に切り出してくるそうです。

 

 

さっきまで、
うなずきながら聴いてくれていたことがいきなり否定されてしまう。

 

これでは、部下から、
「さっきのうなずきは何だったの?」
と戸惑いの声が上がっても仕方ありませんよね。

 

こんな状態なので、
結局この企業では1on1の時間は、自然消滅となったそうです。

 

常習化したい1on1。

 

 

多くの上司たちが誤解しているのは、1on1を行うためのスキルは
「1on1として改めて設定している時間のときだけに取り入れるもの」
だと考えていることです。

 

 

日頃から、
傾聴スキルや質問スキルは多用してもいいはずなのに
「1on1の時間のときだけ」
と思って使わなくなってしまう。

 

結果、
そのときだけはしっかりと傾聴しようとするので
部下が、ふだんとのギャップに冷めてしまうのです。

部下と関わる日常と1on1の時間に変わりはないのです。

 

ただ、
違うのは、1on1の時間では、
「決められた時間をとって部下の話を聴く」
ということだけです。

 

その際に、
部下が本音で話せたり、自分の考えが整理できたり、
やる気になったり…。

そのような効果を得るためには
やっはり、上司のスキルが必要なんです。

 

しかし、

このスキルは1on1の時間だけでなく、日頃から使っていいものです。

私は、組織で行う1on1のゴールを
「1on1の時間がなくなること」だと考えています。

それは、
いつでも、上司と部下が
コミュニケーションをとることができる。

必要な情報をタイムリーに交換できる。
お互いに声をかけられる関係になっている。

 

そんな、
改めて設定する1on1の時間が不要な関係づくりを目指しています。

普段の社内の会話や報告を受けるときなどはもちろん、

家族や友人との関わりなどにも
是非、日常的にどんどん取り入れてみてください。

 

上司にこのスキルが定着して常態化したとき、
部下はもちろん、
組織が変化することが実感できるでしょう。

 

いち早く情報をお届けする
メルマガのご登録はこちら